TIGER 土鍋圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉土鍋ご泡火炊き(5.5合炊き)JPL-G100K
理想の「炊きたて」を求めて50年。たどり着いたおいしさのこたえ。 表面つややか、食感はもっちり「土鍋ご泡火(ほうび)炊き」。土鍋ならでは細かい「泡」がお米をやさしく包み、お米を守ることで旨み成分をしっかり閉じ込めます。仕上げは、段階的に優しく温度(圧力)を変化させて甘みをぐっと引き出す「多段階圧力機構」 でよりおいしく。 炊きたての美味しさをずっと 新しくなった”おひつ保温”。木製のおひつが内外の空気・水分を上手くコントロールしていることを参考に「おひつ保温」は生まれました。 新しくなった「おひつ保温」は湿度を更に細かく制御し、保温でも炊きたてのおいしさを保ちます。 本物のおいしさを、本物の土鍋で。「本土鍋」の高い蓄熱性による高火力と、遠赤効果でかまどのような炊き方を再現。お米全体をはじめはゆっくり、やがて一気に熱でつつみます。 「土鍋ご泡火(ほうび)炊き」の特徴 本土鍋がかまどの温度を再現。「最高温度 約280度」(※内なべ外側底面の温度)蓄熱性の高い「遠赤土かまど」が本土鍋にしっかり熱を伝え、土鍋の遠赤効果による輻射熱でお米一粒ひと粒を芯からじっくり加熱します。 やさしい泡立ちで弾力をさらに高める。高火力が生み出す細かく均一な「土鍋泡」がお米をやさしくつつみ込んで、お米が傷つけにくく、旨みを逃さずに炊きあげます。炊きあがりは表面つややか、もっちりとした食感に。 2つの巧み技機能で、仕上げを極める。多段階圧力機構「甘みを引きだす巧み技」仕上げは段階的に温度(圧力)変化させて甘みをぐっと引き出します。ハリつやポンプ。蒸らす時に過剰な蒸気を取り除きます。水分をコントロールしてハリと弾力をごはんから引きだします。